半年ぶりに遊戯王デュエルリンクスをやったら色々とおかしかった件

皆さんこんにちは、NERUDAです。

最近、《青眼の亜白竜》《ブラック・マジシャン・ガール》《死者蘇生》が遊戯王デュエルリンクスの世界大会観覧者に配布されるとTwitterなどで話題になっていましたね。(この3枚は他のイベントでも配布される予定です)

その抽選は終わってしまったんですが久しぶりにやってみようかなと思ってデュエルリンクスを開いたらまともにデュエルできないようなバグがたくさんありました。

まず、パックを引いてみたらなんとびっくり!

これは、《X-ヘッド・キャノン》ですが名前が書かれていません。攻撃力や防御力なども書いてない。しかもですよ、レベルのところに魔法カードと書いてあるんです。

もう何が何だか…

またこれらのカードはオンラインバトルでもこの状態でモンスターゾーンに出てきます。

ですがまともなカードもあるんです。

※同じパックのカードです。

次に、孔雀舞(CPU)とバトルしているとあり得ないものを出してきました。

モンスターゾーンにトラップカードを出してきたんです。

これトラップモンスターじゃないですよ…

しかも攻撃力0のカードを攻撃表示でだすなんてCPU大丈夫ですかね。

でも、この謎の現象のおかげで勝てたんですけどねw

まとめ

もうこんなのデュエルじゃないよ…いつコナミさんはこのバグを直してくれるのでしょうか。

せっかく手軽にデュエルができるのにこんなことでプレイヤを減らすのは悲しいですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする